Pocket

楽天市場通販情報はこちらから

※写真をクリックすると「詳細」が見れますよ♪



22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫

楽天セールス価格はコチラ!

▼▼▼▼▼▼



22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫



>>>詳細はコチラをクリック<<<


22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫の楽天市場で購入はこちらから可能です。22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫を楽天市場でご覧になってみてください。


22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫商品説明


ショップレビューを見る <特徴> 伸縮性のある東洋紡エスパ (スパンテックス)生地使用で、 やわらかく座ったときにも非常に楽です。 <品質表示> 表:ポリエステル24%、綿70%、ポリウレタン6% 裏:綿94%、ポリウレタン6%、 底:綿100% 全サイズ共に、共通のパッケージ(23.5cm表示)を使用しておりますので、23.5cm以外のサイズはシール貼付によりサイズ表示しております。ご了承お願い致します。 ※◆商品性質上、お客様が一度ご使用(試着)になられた商品は、返品・交換は致しかねますので、ご注意願います。 【和装小物・足袋・柄足袋】 京の恵み おすすめ商品ピックアップ  薩摩つげ櫛 ツイーザー(毛抜き) 花嫁 肌襦袢 七宝焼き・ブローチ ひのきグッズ つげ櫛・櫛ケース 風呂敷 フォト表札 縁起の良い和雑貨 甲州うさぎ印伝 エコバッグ各種 般若心経・絵心経グッズ この足袋は洗濯しても縮まず、アイロンかけは不要です 足袋とは・・・ 白足袋足袋(たび)とは日本固有の伝統的な衣類で、足に履く一種の下着である。木綿の布でできたものが一般的。日本の伝統的な履物である下駄・雪駄などを履く際に用いるため、親指と人差し指の部分で袋が2つに分かれている(叉割れ)。 起源 文献上は11世紀ごろに「足袋」の記載が見られるが現在の足袋と同様の物であるかは不明で、発音も「たび」と呼ばれていたのかは分からない。明確な起源は分かっていないが、平安時代の貴族が履いていた下沓(しとうず)と呼ばれる靴下か、当時の猟師が履いていたとされる皮製の靴下が源流であると考えられている。初期の足袋は足首部分に紐が縫い付けてあり、紐を結ぶことで脱げ落ちないように留めていた。 明暦3年(1657年)に起きた振袖火事によって皮が品不足となり高騰したことから、木綿製のものが急速に普及していったと言われている。木綿製足袋の普及と同時に、紐止め式からボタン止め式へと足袋を留める方式も変化していった。現在の足袋は「こはぜ」(甲馳、牙籤、甲鉤、骨板)と呼ばれる金属製の金具(ホック)を「受け糸」(または掛け糸)と呼ばれる糸のループに引っ掛けて留めるようになっているが、この方式は江戸後期から明治前期にかけて普及したものである。 「白足袋」 白足袋は主として改まった服装の際や慶弔等の行事ごとの際に用いられる。殊に儀式用・正装用というわけではないが、黒足袋・色足袋が平服にしか合わせられないのに対し、白足袋は平服から礼服まで広汎に着用することができる点に特色がある。特に茶人や僧侶、能楽師、歌舞伎役者、芸人などはほとんどの場合白足袋をはいており、こうした人々を総称して「白足袋」と称するならいがある。 能舞台、所作板、弓道場などは白足袋着用でなければあがれないことが多く、土俵上でも白足袋以外の着用は認められない。これらの例からもわかるように白足袋は清浄を示す象徴であり、ほかの足袋とは性格の異ったものとして扱われている。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア』







22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫の楽天商品情報

商品名 22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫
商品型番 kyo-megumi10000005
ショッピング店鋪名 京の恵み
カード利用について! カード利用可
税込価格か? 税込み
送料 >>詳細はコチラ!<<
ポイント還元率 >>詳細はコチラ!<<
納期 >>詳細はコチラ!<<
在庫 >>詳細はコチラ!<<
セール価格 >>詳細はコチラ!<<
あす楽可能? あす楽翌日配送不可
ギフト包装可能ですか? ギフト包装不可能

※写真をクリックすると「詳細」が見れますよ♪



22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫

楽天セールス価格はコチラ!

▼▼▼▼▼▼



22.0cm?26.0cm!のびる足袋【足にフィットする足袋】≪男女兼用≫



>>>詳細はコチラをクリック<<<


楽天市場あるある